電気 PR

二人暮らしで電気代が2万円は高い!かかる原因や節約する方法、よくある質問について解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
モナ・リザ
モナ・リザ
二人暮らし電気代が2万円って高い?」
モナ・リザ
モナ・リザ
「二人暮らしで電気代が2万円かかる原因って何?」
モナ・リザ
モナ・リザ
「電気代を安くするための節約方法を知りたい」

この記事は、同棲している・結婚しているが子供はまだいないなどの二人暮らしの方におすすめの記事です。

結論から言うと、二人暮らしで電気代が2万円は高すぎると言わざる得ません。

2万円の電気代はオール電化を使っているとしても、高いと言えます。

二人暮らしで電気代が2万円かかっている原因とその対処法は以下の通りです。

電気代のかかりすぎの大抵の原因は電気の使いすぎや古い家電をいまだに使い続けているなどが挙げられます。

対処法としては、古い家電を買い替えるなどで、実践すれば2万円だった電気代が1万円まで下がるといった可能性も十分に考えられます。

この記事では、二人暮らしで電気代が2万円かかっている原因やその対処法、関連する質問について、電気代が月平均3,500円前後の編集長である小室慶介が解説します。

keisuke-komuro-home-electric-bill

記事を読むことで、2万円の電気代を半分の1万円まで落とせるようになりますので、ぜひ参考にしてくださいね!

二人暮らしで電気代2万円はかなり高い!早急に節約が必要

futarigurasi-denkidai-2manen-takai
結論から申し上げますと、二人暮らしで電気代2万円はオール電化でない限りかなり高いです。

その理由として、二人世帯以上の電気代の平均が10,000円前後で推移しているからです。

下記は総務省が出している2023年1〜3月から2023年7〜9月までのデータです。

期間 電気料金
2023年1月〜3月期 17,723円
2023年4月〜6月期 11,354円
2023年7月〜9月期 9,885円

引用:家計調査 家計収支編 単身世帯用途分類 002 用途分類(年齢階級別) | 統計表・グラフ表示

こちらは二人以上の世帯をまとめた数字なので、二人暮らしの場合はより低めの数値となっています。

そのため、電気代で2万円かかっているのはオール電化でもない限りは高いと言えます。

一人暮らしの電気代と比較

単身世帯である一人暮らしの電気代と、二人以上の世帯の電気代を比較しましたので、ぜひ参考にしてください。

時期 二人以上の世帯 単身世帯
2023年1月〜3月期 17,723円 9,340円
2023年4月〜6月期 11,354円 5,486円
2023年7月〜9月期 9,885円 5,842円

引用:家計調査 家計収支編 単身世帯用途分類 001 用途分類(総数) 全国 | 統計表・グラフ表示

引用:家計調査 家計収支編 単身世帯用途分類 002 用途分類(年齢階級別) | 統計表・グラフ表示

表を見ての通りで、一人暮らしは二人以上の世帯の半分以下の電気代で済んでいるというのが実情です。

編集長・小室
編集長・小室
私も現在単身世帯に該当しますが、この平均の半分以下の金額で電気を利用していますね。

二人暮らしで電気代が2万円かかる原因

futarigurasi-denkidai-2manen-genin
二人暮らしで電気代が2万円もかかってしまう原因は以下の通りです。

電気代が高くなる原因は今すぐ対処できるものと、コストがかかる内容が混在しているので、優先順位をつけて対策する必要があります。

そのため、紹介する内容を読み、すぐに対処できそうな原因を探してくださいね。

エアコンや照明などを使いすぎている

二人暮らしで電気代が2万円もかかってしまう原因1つ目は「エアコンや照明などを使いすぎている」です。

下記のグラフは、家電別の電力消費量となっています。

power-consumption-home-appliances

引用:令和3年度家庭部門のCO2排出実態統計調査 結果の概要(確報値)

エアコンや照明のほか、テレビなどの家電だけで家庭の年間総電力量の50%以上を占めているのがグラフから分かります。

上記の家電の電力量が多くなる理由として、以下が挙げられます。

家電の種類 電気代が高くなる原因
エアコン
  • 常に送風の設定が「弱」や「強」になっている
  • 暖房の設定が28度以上
  • 冷房の設定が20度以下
  • 部屋の窓に隙間がある
照明
  • 外出時につけっぱなし
  • 白熱電球を利用している
  • 古い電球を使い続けている
  • 昼間を利用している
テレビ
  • コンセントをつけっぱなしにしている

電気代が上がっているのは、家電製品の使い方にも理由がありますね。

利用しているプランと合っていない

二人暮らしで電気代が2万円もかかる原因2つ目は「利用しているプランと合っていない」です。

例として、一人暮らしにもかかわらずファミリー向けプランで契約していると電気代は必然的に高くなります。

そのため、二人暮らし向けのプランではなくファミリープランを選ぶと電気代が余計に高くなり、結果として電気代が2万円かかるといった事態に陥る可能性が高くなるのです。

編集長・小室
編集長・小室
二人暮らしの場合、契約しているアンペア数は30〜40A前後が妥当です。

もし、アンペア数が60Aなどの契約となっている場合は、明らかに大きすぎるので下げることを検討してください。

10年以上前に製造された家電製品を使い続けている

二人暮らしで電気代が2万円もかかる原因3つ目は「10年以上前に製造された家電製品を使い続けている」です。

家電製品は、常に技術革新をしており、省エネ技術についても例外ではありません。

例として、資源エネルギー庁の調査によると、2009年と2019年の電化製品では以下のように省エネできます。

power-consumption-home-appliances-air-conditioner-and-refrigerator

画像引用:機器の買換で省エネ節約

エアコンと冷蔵庫それぞれで比較しましたが、明らかに2019年の方が電気料金が安くなっています。

そのため、古い家電を使い続けることはお金をドブに捨てているのと同じ行為であると言えます。

電力会社自体の電気代が高い

二人暮らしで電気代が2万円もかかる原因4つ目は「電力会社自体の電気代が高い」です。

近年は歴史的な円安やコロナ不況、ロシア・ウクライナ戦争による影響で、電気代が高くなっています。

実際に、総務省の資料を見ると、10年前の2013年と2023年を比較するとこれほど料金が異なります。

項目 2023年 2013年
1〜3月期 17,723円 12,797円
4〜6月期 11,354円 9,413円
7〜9月期 9,885円 10,531円

引用:家計調査 家計収支編 単身世帯用途分類 002 用途分類(年齢階級別) | 統計表・グラフ表示

7〜9月は2013年の方が高めですが、1〜6月の平均金額に関しては2023年の方が上であり、確実に家計への負担は増えているのが分かります。

二人暮らしで電気代が2万円かかる時の対処法

futarigurasi-denkidai-2manen-taisyohou
二人暮らしで電気代が2万円かかる際の対処法は以下の通りです。

電気代を値下げするには、家電の使い方を改めたり契約プランを見直すといった方法があります。

実行することで、電気代を半分近く抑えられる可能性もありますので、ぜひチェックしてください。

エアコンを自動運転に設定する

二人暮らしで電気代が2万円かかる時の対処法1つ目は「エアコンを自動運転に設定する」です。

自動運転への切り替え方は以下の通りです。

自動運転への切り替え方
  • STEP1
    電源を入れる
    zidou-henkou-step1
    電源を入れてください。
  • STEP2
    「風量」ボタンを押して画面に「自動」が表示されるまで押す
    zidou-henkou-step2
    エアコンにある「風量」ボタンを押してください。
    リモコンの画面に「自動」が出るまで「風量」ボタンを何回も押してください。
  • STEP3
    「自動」が表示されれば完了
    zidou-henkou-step3
    リモコンの画面に「自動」が表示されれば設定は完了です。

実際に、編集長である小室は2023年の2月から夏および冬問わず自動運転をしており、電気料金は5,000円を超えたことがありません。

keisuke-komuro-home-electric-bill

そのため、エアコンを使う際は自動運転の設定にして利用するのがおすすめと言えます。

照明はLEDライトを使う

二人暮らしで電気代が2万円かかる時の対処法2つ目は「照明はLEDライトを使う」です。

資源エネルギー庁の試算によると、白熱電球をLED電球に取り替えた場合は年間で約2,790円の電気代の節約になります。

そのため、照明は白熱電球ではなくLEDライトを利用するとより電気代を節約できること間違いなしです。

編集長・小室
編集長・小室
私も今の自宅に住み始めた当初から白熱電球ではなく、LEDライトを利用しています。

テレビはつけっぱなしにせず見ないときはコンセントを抜く

二人暮らしで電気代が2万円かかる時の対処法3つ目は「テレビはつけっぱなしにせず見ないときはコンセントを抜く」です。

コンセントを抜くべき理由は、待機電力を消費しないためです。

資源エネルギー庁の資料によると、国内の家庭の平均待機電力は年間で228Kwhであり、1年間の4,432kWhのうちの5%に相当します。

待機電力をなくすためにも、まずはテレビのコンセントを見ない時は抜いてください。

省エネ家電に買い替える

二人暮らしで電気代が2万円かかる時の対処法4つ目は「省エネ家電に買い替える」です。

理由として、省エネ家電は電気料金を安くしてくれるからです。

前述の通り、古い家電の場合は効率が悪くなるので、電気使用量が増えてしまいます。

資源エネルギー庁が出したデータによれば、2009年と2019年の家電では電気消費量が以下のグラフのように異なります。

power-consumption-home-appliances-air-conditioner-and-refrigerator

画像引用:機器の買換で省エネ節約

これは2009年と2019年のデータになりますので、今はさらに技術が向上していることは間違いありません。

そのため、10年以上利用している製品の場合は、すぐに交換することをおすすめします。

編集長・小室
編集長・小室
10年以上の家電製品は、単純に故障のリスクも高まっているので、放置していて良いこともありませんしね。

利用しているアンペア数などプランを見直す

二人暮らしで電気代が2万円かかる時の対処法5つ目は「利用しているアンペア数などプランを見直す」です。

アンペア数やプランを見直すべき理由は、プラン変更しただけで料金が下がる可能性があるからです。

例として、東京電力のプランを下記の表に記載しておりますので、参考にしてください。

アンペア数 基本料金
10A 295円24銭
15A 442円86銭
20A 590円48銭
30A 885円72銭
40A 1,180円96銭
50A 1,476円20銭
60A 1,771円44銭

引用:従量電灯B・C|電気料金プラン|東京電力エナジーパートナー株式会社

例として、60Aから50Aに下げただけで300円近い節約となり、40Aに下げれば600円近い値下げが可能です。

これが年間になれば、それぞれ3,600円と7,200円の節約になるので、バカにはできません。

基本料金の値下げと、前述の家電の使い方を改めるだけで、年間数万円の電気代の節約となるのです。

そのため、契約のアンペア数を下げられるのであれば、変更の申し出をおすすめします。

編集長・小室
編集長・小室
二人暮らしであれば、30〜40Aの契約があればブレーカーを落とさずに生活ができますよ。

新電力会社に切り替える

power-producer-and-supplier-contract
二人暮らしで電気代が2万円かかる時の対処法6つ目は「新電力会社に切り替える」です。

新電力を利用するメリットやデメリットに関しては、以下の通りです。

新電力を利用するメリット 新電力を利用するデメリット
  • 電気料金が安くなる可能性がある
  • 大手電力会社にはないプランやサービスを利用できる可能性がある
  • 倒産の可能性がある
  • 解約する際に違約金が発生することも

編集長である小室も、2024年1月26日より新電力会社の「イーレックス」を使っています。

イーレックスと東京電力の電気料金の差は以下の通りです。

項目 イーレックス 東京電力 変化
基本料金 849円42銭/kWh 885円72銭/kWh 36円30銭安/kWh
【電力量料金】最初の120kWhまで(第1段階料金) 19円68銭/kWh 30円00銭/kWh 11円32銭安/kWh
【電力量料金】120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 26円22銭/kWh 36円60銭/kWh 10円38銭安/kWh
【電力量料金】上記超過(第3段階料金) 30円26銭/kWh 40円69銭/kWh 10円43銭安/kWh

表からもわかる通りで、基本料金も電力量料金も安くなっているので、減額が期待できます。

電気代が高いという方に関しては、新電力会社を比較検討して決めるのがおすすめです。

二人暮らしで電気代が2万円かかるでよくある質問

futarigurasi-denkidai-2manen-yokuarusitumon
最後に二人暮らしで電気代が2万円かかるでよくある質問について解説します。

質問内容には、二人暮らしや一人暮らしの電気代が高いことに関する内容があり、それぞれに解決策を提示しています。

電気代が高くてこのままだと生活していけなくなると感じている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

Q.電気代が3万もかかるのはおかしい?

電気代が3万もかかるのはおかしい?

電気代が3万もかかるのは、家電の使い方などがおかしいと言わざる得ません。

日本の一般的な家庭の電気代が平均で1万円程度なので、3万円は約3倍の数字です。

3万円も電気代がかかっている理由は以下が考えられます。

電気代が3万円もかかっている理由
  • 円安やウクライナ情勢の悪化による燃料費の高騰
  • 天然ガス価格の上昇
  • エアコンや冷蔵庫など消費電力が高い家電の過剰利用
  • 製造年月日が古い家電の継続利用

上記問題を解決するための方法は、以下の通りです。

電気代を3万円から安くする方法
  • 契約プランの見直し
  • 家電の使い方の見直し
  • 新電力との契約

家電の使い方やプランの見直しだけで、相当な金額を抑えることが可能です。

それでもなお高い場合は、電力会社ごと契約を取り替えるのも一つの手です。

Q.戸建てで電気代が2万円は高い?

戸建てで電気代が2万円は高い?

戸建てで電気代が2万円はオール電化かそうでないかで変わってきます。

もし、オール電化で2万円で済んでいるのであれば、かなり節約を頑張れている方です。

実際、yahoo知恵袋では、オール電化の戸建てだと3〜4万円の電気代がかかると意見されている方もいます。

一方、オール電化でない場合電気代だけで2万円は高いですね。

総務省のデータだと、4人家族の電気代は約1.5万円程度となっており、約5,000円高いです。

もし、オール電化でない場合は、家電の使い方などを工夫する必要があると言えます。

Q.電気代が2万円だとどのくらいのkWh数になる?

電気代が2万円だとどのくらいのkWh数になる?

電気代が2万円の時のkWh(キロワット)数は、以下のようになります。

電気代が2万円の時の電力使用量
  • 基本料金:885円72銭(従量電灯Bで30Aを利用と想定)
  • 電力量料金:(第一段階料金)120×30=3,600円、(第二段階料金)180×36.6=6,588円、(第三段階料金)200×40.7=8,140
  • 再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金):1.40円/kWh×500kWh=700(円)
  • 886+18323+700=19,909(円)

2024年1月現在の料金で計算すると、1ヶ月500kWhほど利用すると20,000円前後の電気料金になります。

Q.オール電化住宅で電気代2万円は高い?

オール電化住宅で電気代2万円は高い??

オール電化住宅で電気代2万円平均と比較すると高めですね。

関西電力が発表しているオール電化住宅の電気代は、以下の通りです。

家族構成 電気代
一人世帯 10,777円
二人世帯 13,406円
三人世帯 14,835円
四人世帯以上 16,533円

引用:オール電化世帯人数別の電気代平均額

ただ、ネット上の声としては、冬であればオール電化の電気代は2〜3万円、下手をすると4万円台といった声も上がっているので、状況によって変わるようです。

編集長・小室
編集長・小室
オール電化住宅でも、家電の使い方を改めるといった節電方法はありますので、ぜひ実践してください。

Q.一人暮らしで電気代2万円かかる原因ってなに?

一人暮らしで電気代2万円かかる原因ってなに?

一人暮らしで電気代が2万円かかる原因は以下の通りです。

一人暮らしで電気代2万円かかる原因
  • エアコンなどの家電製品のつかいすぎ
  • 製造から10年以上経過している古い電化製品を利用
  • 60Aなど過大なアンペア数を契約
  • メーター故障
  • 過大な待機電力の利用

もし、一人暮らしで電気代がかかりすぎているのであれば、以下の解決策を実行してください。

一人暮らしの電気代を節約するための方法
  • 家電製品の使い方の改善
  • 【古い家電を利用している場合】家電製品の買い替え
  • アンペア数の見直し
  • 専門業者のメーターの交換を依頼
  • 利用しないときは家電のコンセントを抜く

上記を実行するだけで、電気料金を10,000円以下に抑えられるようになりますよ。

Q.二人暮らしで電気代13,000円は高い?

二人暮らしで電気代13,000円は高い?

二人暮らしで電気代13,000円は高いと言わざる得ません。

理由として、総務省が出しているデータでは、2人以上の世帯の年間の電気代平均が1万円前後だからです。

下記は2023年の日本の二人暮らし以上の世帯の平均の電気料金です。

期間 電気料金
2023年1月〜3月期 17,723円
2023年4月〜6月期 11,354円
2023年7月〜9月期 9,885円

引用:家計調査 家計収支編 単身世帯用途分類 002 用途分類(年齢階級別) | 統計表・グラフ表示

冬の時期は1万7,000円と高めにでていますが、夏と秋口にかけては10,000円前後に落ち着いてます。

この数字は6人家族や4人家族についても入れた数字なので、二人暮らし単独の統計の場合はさらに数値は低いと見られます。

そのため、二人暮らしで電気代13,000円は高いと言わざる得ません。

Q.二人暮らしで電気代17,000円は高い?

二人暮らしで電気代17,000円は高い?

二人暮らしで電気代17,000円は高いと言わざる得ません。

理由として、二人世帯以上の平均の電気代が10,000円前後の数字となっているからです。

もし、17,000円の電気代が二人暮らしでかかっているのであれば、以下の対策をとってください。

一人暮らしの電気代を節約するための方法
  • 家電製品の使い方の改善
  • アンペア数の見直し
  • 専門業者のメーターの交換を依頼
  • 【古い家電を利用している場合】家電製品の買い替え
  • 利用しないときは家電のコンセントを抜く

やらないと、ずっと電気代が高いままなので、早急に対処してくださいね。

二人暮らし 電気代 2万円 まとめ|電気代が2万円は高すぎる!早急に節約しよう

futarigurasi-denkidai-2manen-matome
結論から言うと、二人暮らしで電気代が2万円するのは高すぎると言わざる得ません。

二人以上の世帯の平均電気代が約12,000円ですから、平均よりも8,000円高いということになります。

今後は電気代もさらに高くなることが予想されますので、原因の調査と解決策の実行を早急に行う必要があります。

原因と解決策は以下の通りです。

電気代がかかりすぎる理由は、電力会社が値上げをしている、古い家電を今でも使い続けているなどが挙げられます。

対処法として、家電の使い方を改めて節電を行うことや契約しているアンペア数などプランを切り替える、新電力会社と新しく契約するなどが考えられます。

この対処法を参考にして、ぜひ電気代を節約してくださいね!

ABOUT ME
小室 慶介
国立富山大学在学中から大手通信会社販売代理店で営業活動に勤しむ。卒業後営業職を経てWebライターになる。大手通信会社代理店での経験を基に光回線やスマホについて取り扱うメディアである「ダヴィンチ通信」の編集長として活動。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA