MENU
光回線 PR

【2024年版】メッシュWiFiおすすめ14選を比較!利用するメリット・デメリットや選び方について

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
モナ・リザ
モナ・リザ
メッシュWiFiにおすすめはどれになる?
モナ・リザ
モナ・リザ
メッシュWiFiを使うデメリットやメリットを教えて欲しい
モナ・リザ
モナ・リザ
メッシュWiFi中継器の違いって何なの?

メッシュWiFiは家全体で安定してインターネットを利用できるように電波を送る仕組みのことです。

選び方としては、Wi-Fi6以上の通信規格が高いもの・間取りの広さから逆算して選択するなどが考えられます。

この記事では、最強のメッシュWiFiや失敗しない選び方、それぞれの評判や口コミ、利用するメリット・デメリットについて家電のプロであるたろっささん監修の元解説しております。

たろっさ
たろっさ
メッシュWi-Fiとは何か、導入することによってどうインターネットライフが変わるのかという点も踏まえながら詳しく解説します。
たろっさ 監修者

記事監修者

プロIT家電ライター たろっささん

ゲームと妻と温泉巡りが大好きな38歳。20歳のときにメーカーヘルパーとして家電量販店を経験し、家電の世界へ飛び込む。元から接客と家電に興味があり、昔からの趣味のPCの知識を活かしながら勉強の日々を過ごし、2年で年商2億円を突破。 現在は専業家電ライターとして活動中。家電量販店で携帯コーナー責任者を担当した経験から通信機器、光回線など通信系にも精通している。

メッシュWiFiとは

meshwifi-recommended-about
モナ・リザ
モナ・リザ
最近耳にするようになったメッシュWiFiという言葉だけど、これはどういったものなの?
たろっさ
たろっさ
網目のようにネットワーク機器が繋がりあって構築されるWi-Fiです!

メッシュWiFiとは、ネットワークを管理する「親機」とそれに追随する「子機」に分かれて構築されるWiFiネットワークです。

通常の中継機を利用したWiFi接続と違い、一部の機器が通信障害を起こしても自動で他の経路での接続を行う、家中どこにいても最適な機器と帯域を自動選択してくれるなど、通常のWiFi接続をより使いやすく便利にしたものです。

WiFi中継器とはどう違うの?

メッシュWiFiとWiFi中継器は親機と子機が同じ役割となっているので、通信の負担を一台のルーターに集約することなくインターネット接続できるため、回線速度が遅くなりづらいです。

一方で、WiFi中継器は親機に対して全ての負担がかかるため、どうしても通信速度が低下してしまいます。

メッシュWiFiの方が速度が安定するので、ルーターから遠い部屋でリモートワークや映画鑑賞などをする場合は、中継器を使うのではなくメッシュWiFiを利用するのがおすすめです。

メッシュWiFiを使うメリット

meshwifi-recommended-merit
メッシュWiFiを使うメリットは以下の3つです。

メッシュWiFiは広い家で使うと安定してインターネットが使えるといったメリットがあります。

次の内容で詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

WiFiルーターよりも広い範囲で電波を飛ばせる

メッシュWiFiを使うメリット1つ目は「WiFiルーターよりも広い範囲で電波を飛ばせる」です。

メッシュWiFiは一つのルーターとその他の子機を相互接続することで、自宅内にWiFi電波を張り巡らす仕組みのことです。

メッシュWiFiを利用すると、自宅でどこでもインターネットを楽しめます。

最適な接続先に切り替えるので快適にインターネットを利用できる

メッシュWiFiを使うメリット2つ目は「最適な接続先に切り替えるので快適にインターネットを使える」です。

メッシュWiFiであれば、最も近いところにあるルーターに自動で接続してくれるので、インターネット通信が切れることなく快適に利用が可能です。

WiFi中継器も似たような方式をとっていますが、あくまで電波を中継するだけの役割しか持っていないので、どうしてもWiFiの電波が弱くなり快適に使えない可能性があります。

たろっさ
たろっさ
ただ、メッシュWiFiよりも中継器の方が安いので、コストをなるべく抑えたい方は中継器も確認してください。

セットアップが簡単

メッシュWiFiを使うメリット3つ目は「セットアップが簡単」です。

ルーターよりも難しいイメージがありますが、スマホで指示通りに設定するだけで家中にWiFiの網を張れます。

例として、WiFi Easy-Meshと呼ばれる機能があるメッシュWiFiであれば、その場に他のルーターを設置して電源をつけるだけで設定できます。

メッシュWiFiは機械に弱いと感じている人でも簡単に設置できるのが魅力的なポイントです。

メッシュWiFiを使うデメリット

meshwifi-recommended-demerit
メッシュWiFiを使うデメリットは以下の3つです。

メッシュWiFiは高性能が故にコストがかかることが主なデメリットとなります。

次の内容で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

WiFiルーターより高額になりやすい

メッシュWiFiを使うデメリット1つ目は「WiFiルーターより高額になりやすい」です。

無線ルーターとメッシュWiFiの金額の相場は、以下の通り違います。

項目 金額相場
無線ルーター 3,000円〜2万円前後
メッシュWiFi 3万円〜10万円前後

どちらもロースペックとハイスペックでそれぞれ異なるため幅が広いですが、基本的にはメッシュWiFiの方が金額が高く設定されています。

無線ネットワークを自宅中に張り巡らすためには、その分ルーターも必要です。

対応するルーターを用意しなければならない

メッシュWiFiを使うデメリット2つ目は「対応するルーターを用意しなければならない」です。

メッシュWiFiのルーター同士は互換性がなければ利用することができません。

一般的にはメッシュWiFiはセットになっていますが、稀に別々で購入しなければならないケースもあります。

そのため、追加で購入する際は必ず対応する機種をチェックしてください。

メッシュWiFiを増やすほど電気代がかかる

メッシュWiFiを使うデメリット3つ目は「メッシュWiFiを増やすほど電気代がかかる」です。

ルーターが複数台必要になるメッシュWiFiは、その分電気代も増加する形になります。

今まで1台だったルーターが3〜4台になれば、メッシュWiFiに関する電気代は単純に3〜4倍となるので、結果として全体の電気代も上昇します。

そのため、電気代の出費が上がることはある程度覚悟してください。

失敗しないメッシュWiFiの選び方

meshwifi-recommended-how-to-choose
モナ・リザ
モナ・リザ
メッシュWiFiって高いから、選ぶにはしくじりたくないな…

この章では、失敗しないメッシュWiFiの選び方について解説します。

理想のメッシュWiFiを構築したいと考えている方は、ぜひチェックしてくださいね!

メッシュWiFiの子機は2台から選ぶ

失敗しないメッシュWiFiの選び方1つ目は「メッシュWiFiの子機は2台から選ぶ」です。

もちろん3・4台も購入できますが、買いすぎてお金を無駄にしてしまった!ということは避けたいところ。

なので、2台セットをまず買ってから、電波が怪しい場合は台数を増やしていくのがおすすめです。

たろっさ
たろっさ
もちろん家が地下1F~地上3Fまでの大きな戸建てや4LDK以上の高級マンションなどであればこの限りではありません。

しかしながら通常の2~3F建ての戸建てや2LDK程度のマンションであれば2つで問題ない場合がほとんどです。

編集長・小室
編集長・小室
私はメッシュWi-Fiを構築する際は、いきなり4台セットを購入して、結局2台で電波状況は十分改善されたと言う経験がありますので、2台から購入すると言うのは理に適ってますね!

Wi-Fi6Eなど高規格のメッシュWiFiを選ぶ

失敗しないメッシュWiFiの選び方2つ目は「Wi-Fi6Eなど高規格のメッシュWiFiを選ぶ」です。

通信規格が最新に近い商品を購入するべき理由として、長く利用することができるからです。

現在市販されている商品の通信規格は、以下の通りです。

規格 正式名称 最大通信速度 周波数
IEEE802.11ax Wi-Fi6E 9.6Gbps 2.4GHz/5GHz/6GHz帯
IEEE802.11ax Wi-Fi6 9.6Gbps 2.4GHz/5GHz帯
IEEE802.11ac Wi-Fi 5 6.9Gbps 5GHz帯
IEEE802.11n Wi-Fi 4 300Mbps 2.4GHz/5GHz帯
IEEE802.11a 54Mbps 5GHz帯
IEEE802.11g 54Mbps 2.4GHz帯
IEEE802.11b 11Mbps 5GHz帯

現在メッシュWi-Fiを購入するのであれば、高規格であるWi-Fi6EやWi-Fi6を選んでください。

先ほど紹介した通りで、メッシュWi-Fiの価格は数万円になりますので、可能な限り長く利用できる商品を購入した方が良いです。

たろっさ
たろっさ
Wi-Fi6Eは2022/9より日本で認可が降りた新しい規格です。

また、2024年の策定完了を目標としてIEEE 802.11be、通称「Wi-Fi7」も登場してきており、通信規格はこれからもどんどん新しいものが出てくることが予想されます。

ただし、スマホやPCなどが新しい規格に対応している必要があるため、新規格のメッシュWi-Fiを購入する際は手持ちの機器が対応しているかどうかも確認して下さい。

編集長・小室
編集長・小室
私は自宅がVDSLで最大100Mbpsまでしか出ないため、Wi-Fi5の商品を利用していますが快適に利用できます。

ただ、光コンセントを有しているご家庭であれば、Wi-Fi6EやWi-Fi6規格の商品を利用するのがおすすめです。

トライバンドorデュアルバンドの違いで選ぶ

ルーター 買い替え デュアルバンド トライバンド 違い
失敗しないメッシュWiFiの選び方3つ目は「トライバンドorデュアルバンドの違いで選ぶ」です。

デュアルバンドとトライバンドの違いは以下の通りです。

バンドの種類 特徴
デュアルバンド ・周波数が2.4GHzと5GHzの1つずつが存在する
・価格は安めに設定されている
トライバンド ・周波数が2.4GHz1本と5GHz2本存在する
・電波に余裕ができるため、安定した高速通信が期待される
・値段はトライバンドの機器の方が高め
たろっさ
たろっさ
外部通信を行うスマホやタブレット、PCなどであれば2.4GHz/5GHz両方に対応していることがほぼすべてですが、生活家電や一部ゲーム機などには2.4GHzしか対応していない機器も存在します。

その場合はいくら5GHzがデュアルチャネルであってもまったく意味がないため、接続する機器が本当に5GHzに対応しているものが大多数なのかということを事前に確認しておきましょう。

編集長・小室
編集長・小室
コスト重視ならデュアルバンド、性能を重視しているのであればトライバンドを選ぶのがおすすめ!

ちなみに私は一人暮らしなので、デュアルバンドのルーターを利用しています。

パソコンやスマホ、タブレットに接続をしていますが、さほど困りません。

ただ、4人家族などになると10台以上接続することになる可能性が高いので、余裕を持たせるためにもトライバンドを選ぶのが無難ですね。

自宅間取りの広さや構造から選ぶ

失敗しないメッシュWiFiの選び方4つ目は「自宅間取りの広さや構造から選ぶ」です。

今回紹介したメッシュWi-Fiは、戸建てであれば3階建て、マンションであれば4LDKでも問題なく電波の範囲としている商品を選んでいます。

ただ、家の構造や作りによっても電波強度が変わってくるという点は注意してください。

もし、自宅がコンクリートで作られていてかつ3、4LDKといった広さを誇るのであればメッシュWi-Fi2台だけでは足りない可能性が出てきます。

たろっさ
たろっさ
電波は目に見えないため、どの程度の強度で飛んでいるかというのは各端末の接続時のインターネット速度や電波強度で推し量るしかありません。

また、同じ鉄筋の4LDKであっても部屋の形状やどこにONUがあるか、壁材の種類などでも電波は全く変わります。

メッシュWi-Fiの場所を移動させることでもガラリと電波状況が変わったりするため、電波強度に不満がある場合は移動も試してみると良いでしょう。

編集長・小室
編集長・小室
メッシュWi-Fiに必要な中継器は、単品で発売されておりますので、足りないと感じた場合は後から追加できます。

コンクリート造の家などに住まわれている場合は、メッシュWi-Fiの構築が必須ですね。

国産のルーターを選ぶ

失敗しないメッシュWiFiの選び方5つ目は「国産のルーターを選ぶ」です。

海外製のメーカーが製造しているメッシュWiFiの場合、IPv6に対応していない可能性があります。

総務省によると、2022年3月時点でのIPv6の世界普及率は35%とされています。

2022 年 3 月 12 日時点で世界全体での IPv6 普及率は約 35%、日本の普及率は約 45.27%であり、2021 年 3 月時点(約 38%)と比べると、約 7%増加し、世界的に見ても普及が進んでいる。

引用:2 IPv6 の今|総務省

IPv6は急速に普及しているとはいえ、2022年時点で4割に達していないため、海外で作られたメッシュWi-Fiでは対応できないという可能性があります。

また、日本の電波法で定義されている技術基準に適合する必要もあるため、規格を満たしていないルーターの場合利用できません。

たろっさ
たろっさ
IPv6とはインターネット通信を行うための新しいルールのことで、現在使われているIPv4のルールでは「IPアドレス(インターネット上で端末を識別する番号で住所のようなもの)」が近い将来枯渇してしまう恐れがあるため、IPv6への移行が進んでいます。
編集長・小室
編集長・小室
そのため、海外のメッシュWi-Fiを探し続けるより、法律に適合しつつ高性能な国産の商品を購入する方がお得なのです。

ファームウェアを自動更新するメッシュWiFiを選ぶ

失敗しないメッシュWiFiの選び方6つ目は「ファームウェアを自動更新するメッシュWiFiを選ぶ」です。

ファームウェアの機能は常日頃更新しないと、ウイルスが入り込んだ際に対応できなくなってしまいます。

ただ、ファームウェアをいちいち手動で更新するのは面倒なはず。

なので、自動でアップデートしてくれるメッシュWi-Fiを選ぶようにしてください。

編集長・小室
編集長・小室
自動アップデートできると、いちいちファームウェアのバージョンをチェックする必要がなくなります。

ビームフォーミング機能を持つメッシュWiFiを選ぶ

失敗しないメッシュWiFiの選び方7つ目は「ビームフォーミング機能を持つメッシュWiFiを選ぶ」です。

ビームフォーミング機能を利用すると、通信速度が遅くなるといったデメリットを極力減らせます。

そのため、購入予定の商品にビームフォーミング機能があるかどうかチェックするようにしてください。

【2024年最新版】おすすめの最強メッシュWiFi14選

meshwifi-recommended-15
この章では、2024年版のおすすめメッシュWiFi14選を解説します。

これから紹介するメッシュWi-Fiのスペックは以下の通りです。

詳細 TP-Link ‎Deco X20 2-pack NETGEAR RBK852 エレコム WMC-2HC-W バッファロー WEX-1800AX4 IODATA WN-DX1300GNEX2 TP-Link BE22000 BUFFALO WNR-5400XE6 Linksys MX2002-JP TP-Link Deco XE75 TP-Link AX3000 Google GA00595-JP バッファロー WSR-3200AX4S TP-Link AC1900 TP-Link AX7800
通信規格 Wi-Fi6 Wi-Fi6 Wi-Fi5 Wi-Fi6 Wi-Fi5 Wi-Fi7 Wi-Fi6E Wi-Fi6 Wi-Fi6 Wi-Fi6 Wi-Fi6 Wi-Fi6 Wi-Fi5 Wi-Fi6
最大通信速度 5GHz:1201Mbps
2.4GHz:574Mbps
5GHz:1201Mbps
2.4GHz:574Mbps
5GHz:1733Mbps
2.4GHz:800Mbps
5GHz:1201Mbps
2.4GHz:573Mbps
EEE802.11ac:最大867Mbps
IEEE802.11n(2.4GHz帯):最大300Mbps(※)
IEEE802.11n(5GHz帯):最大300Mbps
IEEE802.11a/g:最大54Mbps
IEEE802.11b:最大11Mbps
11Gbps 2.5Gbps 3Gbps 3Gbps 2.4Gbps 1.73Gbps 2.4Gbps 1.3Gbps 5Gbps
バンドタイプ デュアルバンド デュアルバンド デュアルバンド デュアルバンド デュアルバンド デュアルバンド デュアルバンド デュアルバンド デュアルバンド デュアルバンド デュアルバンド デュアルバンド デュアルバンド デュアルバンド
電波範囲 1~3LDK(1パック)
3~4LDK(2パック)
4~6LDK(3パック)
1~3LDK(1パック)
3~4LDK(2パック)
4~6LDK(3パック)
4〜6LDK 4〜6LDK 4〜6LDK 4〜6LDK 4LDK・3階建て 4LDK・3階建て 4LDK・3階建て 4LDK・3階建て 4LDK・2階建て 4LDK・3階建て 4LDK・3階建て 4LDK・3階建て
セキュリティ規格 WPA-Personal
WPA2-Personal
WPA3-Personal
WPA-Personal
WPA2-Personal
WPA3-Personal
WPA2-PSK(AES)
WPA-PSK(TKIP)
WEP(64bit/128bit)
WPA3 Personal
WPA2 Personal
WPA3/WPA2-mixed
WPA2-PSK(AES) WPA3 WPA3 WPA3 WPA3 WPA3 WPA3 WPA3 WPA3 WPA3
アンテナの本数 5 GHz×2
2.4 GHz×2
5 GHz×2
2.4 GHz×2
8本 4本 2本 4本 4本

なお、今回のメッシュWiFiの選定基準は以下の通りです。

メッシュWiFiの選定基準
  • 通信規格が最新かどうか
  • 電波の範囲の広さ
  • バンドはトライバンドorデュアルバンドか

実際の利用者の評判・口コミについても紹介しておりますので、メッシュWi-Fi購入の検討材料にしてくださいね!

TP-Link ‎Deco X20 2-pack

TP-Link DecoX20 2 pack
引用元:Amazon公式サイト

TP-Link ‎Deco X20 2-packがおすすめな人
  • 性能と価格の両面を求めている人
  • amazon alexaを所持している人
  • 広いオフィスの管理担当者
項目 詳細
通信規格 Wi-Fi6
最大通信速度 5GHz:1201Mbps
2.4GHz:574Mbps
バンドタイプ デュアルバンド
電波範囲 1~3LDK(1パック)
3~4LDK(2パック)
4~6LDK(3パック)
セキュリティ規格 WPA-Personal
WPA2-Personal
WPA3-Personal
アンテナの本数 5 GHz×2
2.4 GHz×2

TP-Link ‎Deco X20 2-packは、最新通信規格であるWi-Fi6に対応しているメッシュWi-Fiです。

最新のWi-Fi規格のため安定した通信を実現が可能であり、広い家やオフィスでもインターネットを高速で利用できます。

通信を効率化することが可能な、OFDMAやMU-MINO機能が搭載されておりますので、接続台数は最大で150台となっています。

ビームフォーミングにより、家の隅々まで電波を飛ばすことが可能であり、メッシュWi-Fiのサテライトを増やせばさらにエリアを拡張可能です。

また、利用しているユーザーの行動を学習して、最適な場所に電波をビームフォーミングしてくれる「AIメッシュ」という優れものな機能もあります。

created by Rinker
TP-Link
¥16,090
(2024/05/23 08:13:59時点 Amazon調べ-詳細)

NETGEAR RBK852 AX4200

NETGEAR RBK852 AX4200
引用元:Amazon公式サイト

NETGEAR RBK852 AX4200がおすすめな人
  • 高性能なメッシュWiFiを構築したい人
  • オフィスでメッシュWiFiの構築をしなければならない企業
項目 詳細
通信規格 Wi-Fi6
最大通信速度 5GHz:1201Mbps
2.4GHz:574Mbps
バンドタイプ デュアルバンド
電波範囲 1~3LDK(1パック)
3~4LDK(2パック)
4~6LDK(3パック)
セキュリティ規格 WPA-Personal
WPA2-Personal
WPA3-Personal
アンテナの本数 5 GHz×2
2.4 GHz×2

NETGEAR RBK852 AX4200は、世界屈指の通信機器メーカーであらうNETGEARが開発したトライバンド付きの高級メッシュWi-Fiです。

NETGEARのメッシュWiFiの通称「Orbi」シリーズに数えられるこの商品は、ルーターとサテライトの子機で350㎡もの領域をカバーすることができます。

350㎡という数字は、大体小学校にあるプールと同じぐらいの広さとなりますので、オフィスや大きい家で大活躍します。

編集長・小室
編集長・小室
日本の戸建ての床面積の平均が124㎡とされておりますので、余裕で利用できますよね!

また、バンドがトライバンドを採用しているため、5GHzの帯域が2本、2.4GHzが1本です。

トライバンドにより、通信の負荷を分散できるのもこのルーターの魅力的なポイントと言えますね!

編集長・小室
編集長・小室
NETGEARは一般家庭でも活躍しますが、企業で多数で同時にインターネット接続するようなところにもおすすめできますよ!
created by Rinker
ネットギア
¥21,616
(2024/05/23 08:29:12時点 Amazon調べ-詳細)

エレコム WMC-2HC-W

エレコム WMC-2HC-W
引用元:Amazon公式サイト

エレコム WMC-2HC-Wがおすすめな人
  • コスパよくメッシュWi ~Fiを構築したい人
  • 簡単にWi-Fiを設定したい人
  • 自営業の人
項目 詳細
通信規格 Wi-Fi5
最大通信速度 5GHz:1733Mbps
2.4GHz:800Mbps
バンドタイプ デュアルバンド
電波範囲 4〜6LDK
セキュリティ規格 WPA2-PSK(AES)
WPA-PSK(TKIP)
WEP(64bit/128bit)
アンテナの本数 8本

エレコム WMC-2HC-Wは、国産メーカーであるエレコムが開発をしたメッシュWiFiであり、豊富な機能を有しています。

特徴として、WiFi5という一つ前の世代ながら4K動画でも簡単に視聴ができるという点。

最大で1733Mbpsと1Gbps(1024Mbps)を軽く超える速度まで出せるため、ソフトバンク光やドコモ光などの回線でも余裕で扱うことが可能です。

また、8本というアンテナを有しているため、全方向に電波が飛びます。

そのため、エアコンなどのスマート家電やIoT端末などにも快適に接続できます。

他にも、友人用のWi-Fiパスワードを用意したり、お店のフリーWiFiに接続すると自身のお店のお気に入り商品を紹介可能です。

編集長・小室
編集長・小室
私もエレコムのルーターを利用していますが、今まで接続が突然途切れたなどのトラブルはほとんどありません。

バッファローやNECには隠れていますが、非常に優れた通信機器であると言えます。

created by Rinker
エレコム
¥4,699
(2024/05/22 13:21:03時点 Amazon調べ-詳細)

バッファロー WEX-1800AX4

バッファロー WEX-1800AX4
引用元: Amazon公式サイト

バッファロー WEX-1800AX4がおすすめな人
  • サテライトルーターのスペースをとりたくない人
  • WiFi6を安価に使えるようにしたい人
  • 端末の再設定を簡単にしたい人
項目 詳細
通信規格 Wi-Fi6
最大通信速度 5GHz:1201Mbps
2.4GHz:573Mbps
バンドタイプ デュアルバンド
電波範囲 4〜6LDK
セキュリティ規格 WPA3 Personal
WPA2 Personal
WPA3/WPA2-mixed
アンテナの本数 4本

バッファロー WEX-1800AX4は、WiFi6を広範囲で利用できるメッシュWi-Fiです。

特徴として、紹介している機器は中継器単体であり、ルーターではないのですがバッファローのルーターと一緒に利用することで力を発揮します。

中継器ながら最新のWi-Fi6を利用することが可能であり、より遠くでも高速通信ができます。

たくさんの機器を同時に繋げることができるので、通信速度が減りません。

また、設置しやすいデザインをしており、2つのコンセントがある場合は一方の挿し口を邪魔しません。

さらに、スマホなどの端末に保存されているWiFiパスワードの再設定は不要であり、WPSボタンを押すだけでルーターと同様利用できます。

created by Rinker
バッファロー
¥6,980
(2024/05/23 08:29:13時点 Amazon調べ-詳細)

IODATA WN-DX1300GNEX2

IODATA WN-DX1300GNEX2
引用元:Amazon公式サイト

IODATA WN-DX1300GNEX2がおすすめな人
  • 3階の戸建てに住んでいる人
  • コンパクトなサテライトを購入したい人
  • IPv6を利用したい人
項目 詳細
通信規格 Wi-Fi5
最大通信速度 EEE802.11ac:最大867Mbps
IEEE802.11n(2.4GHz帯):最大300Mbps(※)
IEEE802.11n(5GHz帯):最大300Mbps
IEEE802.11a/g:最大54Mbps
IEEE802.11b:最大11Mbps
バンドタイプ デュアルバンド
電波範囲 4〜6LDK
セキュリティ規格 WPA2-PSK(AES)
アンテナの本数 2本

IODATA WN-DX1300GNEX2は、中継器を安く購入したい人に対しておすすめするメッシュWiFiのサテライトです。

11acで最大867Mbpsまで利用することが可能であり、家中どこでも高速インターネットを利用できます。

コンセント直付けタイプであり、ACアダプターなどは必要ありません。先ほど紹介した「バッファロー WEX-1800AX4」と同様に一方の挿し口を邪魔しないです。

端末に対して最適な距離から電波を飛ばす「ビームフォーミング」機能や自動で空いている周波数に移動させる「バンドステアリング機能」が備わっています。

コスパよくWiFi中継器を利用したいのであれば、この商品はおすすめですよ!

created by Rinker
アイ・オー・データ
¥16,053
(2024/05/23 08:14:02時点 Amazon調べ-詳細)

TP-Link BE22000

TP-Link BE22000_画像
TP-Link BE22000がおすすめな人
  • 最新規格のメッシュWiFiを利用したい人
  • 大きい家に住んでいる人
  • すでに「TP-LinkのDecoシリーズを利用している人
項目 詳細
通信規格 Wi-Fi7
最大通信速度 11Gbps
バンドタイプ デュアルバンド
電波範囲 4〜6LDK
セキュリティ規格 WPA3
アンテナの本数

TP-Link BE22000は、最新の通信規格であるWi-Fi7を利用している超爆速のメッシュWiFiです。

Wi-Fi7は、Wi-Fi6よりもさらに通信速度を高めた規格であり、最大で11Gbpsのスピードを出せます。

また、周波数は2.4GHzと5GHzの他に6GHzが新しく追加されており、同じ帯域に人が集まるのを自動で仕分けるため、遅延が起きづらい仕組みが構築されています。

また、セキュリティも万全であり、保護者による子供の接続制限などを設けることが可能です。

値段は性能が高い分10万円近くと高額ですが、性能を重視している方であれば利用するのをおすすめします。

created by Rinker
TP-Link
¥51,147
(2024/05/22 20:45:24時点 Amazon調べ-詳細)

バッファロー WNR-5400XE6

バッファロー WNR-5400XE6 画像
バッファロー WNR-5400XE6がおすすめな人
  • 家族の人数が4人以上の人
  • インターネットの接続機器を限りなく増やしたい人
  • 子供のインターネット接続を制限したい人
項目 詳細
通信規格 Wi-Fi6E
最大通信速度 2.5Gbps
バンドタイプ デュアルバンド
電波範囲 4LDK・3階建て
セキュリティ規格 WPA3
アンテナの本数

バッファロー WNR-5400XE6は、使える周波数が3つあるメッシュWiFiルーターです。

これまでのルーターは基本的に2.4GHzと5GHzの2つが周波数の帯域として割り当てられることが多かったですが、紹介しているルーターは6GHzも使うことが可能です。

周波数の帯域が増えると、通信の遅延などを極力減らせます。

また、最新の通信規格であるWi-Fi6Eを利用しており最高2.4Gbps(2400Mbps)のスピードを出せるのは魅力的。

日本のインターネットサービスの速度はMAXでも2Gbps(2048Mbps)のものが多いので、余裕で使えます。

また、子供のネット利用時間対策のためにキッズタイマーと呼ばれる機能があり、子供のスマホやパソコンだけに利用制限をかけられます。

高性能なメッシュWiFiかつ値段もそこまではらない優れものなので、コストをなるべく低くしたい方におすすめのルーターです。

Linksys MX2002-JP

Linksys-AX3000 公式画像
Linksys MX2002-JPがおすすめな人
  • 子供にインターネットを使わせている家庭の人
  • 子供などの友人がよく遊びに来る人
  • PCやスマホだけでなくテレビ・エアコンなど様々な機器をネット接続している人
項目 詳細
通信規格 Wi-Fi6
最大通信速度 3Gbps
バンドタイプ デュアルバンド
電波範囲 4LDK・3階建て
セキュリティ規格 WPA3
アンテナの本数

Linksys MX2002-JPは、単体のWiFi6ルーターとしても利用できるメッシュWiFiです。

このメッシュWiFiはMU-MINO・ビームフォーミングなど高速通信を実現するための機能が充実しています。

自宅で仕事をしている、オンラインゲームをよくするといった人におすすめする商品です。

また、未成年者のインターネットへの接続時間を制限する、外部者向けのWiFiパスワードがあるなど子供がいる家庭で役立つ機能が揃っています。

そのため、子供にインターネットをどう使わせるか悩んでいる方にもおすすめです。

TP-Link Deco XE75

TP-Link Deco XE75 画像

画像引用:

TP-Link Deco XE75がおすすめな人
  • パソコンやスマホ以外の電子機器もインターネットに接続させたい人
  • 複雑な設定を省略したい人
  • スピード速くしたい人
項目 詳細
通信規格 Wi-Fi6
最大通信速度 3Gbps
バンドタイプ デュアルバンド
電波範囲 4LDK・3階建て
セキュリティ規格 WPA3
アンテナの本数

TP-Link Deco XE75は、最新のWiFiテクノロジーで最大500平方メートルをカバーしているメッシュWiFiです。

トライバンドで最新の通信規格であるWi-Fi6Eがあり、速度は2Gbpsを超えます。

また、接続台数は最大200台となっているので、あらゆる通信機器をインターネットに繋いでも速度が遅くなることを極力減らせます。

設定もシンプルなので、高性能かつスピードが速いメッシュWiFiを利用したい方におすすめの商品です。

TP-Link AX3000

TP-Link AX3000 画像
TP-Link AX3000がおすすめな人
  • コストを抑えてメッシュWiFiを作りたい人
  • 収納スペースを抑えたい人
  • セキュリティを強化したい人
項目 詳細
通信規格 Wi-Fi6
最大通信速度 2.4Gbps
バンドタイプ デュアルバンド
電波範囲 4LDK・3階建て
セキュリティ規格 WPA3
アンテナの本数

TP-Link AX3000は、メッシュWiFiのコストをなるべくかけたくない方におすすめのルーターです。

Wi-Fi6の通信規格を使っており、自動で通信機器の電波帯域を切り替えてくれるので、速度が遅くなりづらく快適にインターネットを利用することができます。

また、ルーターは縦置きと横置きの2種類となっており、置き場所に困ることがありません。

セキュリティは最新のWPA3なので、安全性がより向上しており、自宅のWiFiがより安定して使えるようになります。

created by Rinker
TP-Link
¥11,300
(2024/05/22 18:16:17時点 Amazon調べ-詳細)

Google GA00595-JP

Google GA00595-JP 画像
Google GA00595-JPがおすすめな人
  • なるべく安いルーターをメッシュWiFiを使いたい人
  • 2階建てに住んでいる人
  • 動画をよく見る人
項目 詳細
通信規格 Wi-Fi6
最大通信速度 1.73Gbps
バンドタイプ デュアルバンド
電波範囲 4LDK・2階建て
セキュリティ規格 WPA3
アンテナの本数 4本

Google GA00595-JPは、1万円台でメッシュWiFiを構築できるルーターです。

通常のメッシュWiFiは3〜4万円台が相場、高いと10万円を超えるような高額商品もありますが、このルーターに関しては1万円台で購入できます。

値段が安いと性能面が不安になりがちですが、最大同時接続台数が100台・子供のインターネット視聴時間の制限といったことが可能です。

また、ネットワーク設定画面がシンプルなので、管理が簡単なのも便利なポイントです。

お金をかけずにメッシュWiFiを家中に作りたいと考えているのであれば、このルーターの購入をおすすめします。

created by Rinker
Google(グーグル)
¥10,700
(2024/05/22 18:16:18時点 Amazon調べ-詳細)

バッファロー WSR-3200AX4S

バッファロー WSR-3200AX4S-BK 画像
バッファロー WSR-3200AX4Sがおすすめな人
  • 友人が自宅に来る人
  • IPv6対応のルーターを利用したい人
  • コンパクトなルーターを利用したい人
項目 詳細
通信規格 Wi-Fi6
最大通信速度 2.4Gbps
バンドタイプ デュアルバンド
電波範囲 4LDK・3階建て
セキュリティ規格 WPA3
アンテナの本数 4本

バッファロー WSR-3200AX4Sは、戸建て3階・4LDKの大きい家でも電波が届く優れたルーターです。

電波範囲が非常に広く、自宅の全範囲をルーター1台でほぼカバーするようになっています。

最高速度も2Gbpsを超えており、大抵の光回線のスピードに対応できるのも魅力的です。

また、バッファロー限定ではありますが、古いルーターからそのまま設定を引き継げる機能を持っており、これを適用すると買い直しによる設定のやり直しについても省略可能です。

セキュリティも強固なので、ウイルス感染や不正アクセスといった確率を極力減らせます。

もし、バッファローのルーターを現状使っておりメッシュWiFiを構築したいと考えているのであれば、この商品の購入をおすすめします。

created by Rinker
バッファロー
¥7,150
(2024/05/22 13:21:06時点 Amazon調べ-詳細)

TP-Link AC1900

TP-Link-AC1900 公式サイト
TP-Link AC1900がおすすめな人
  • 安くメッシュWiFiを構築したい人
  • 1Gbpsのネット接続をしている人
  • セキュリティを向上させたい人
項目 詳細
通信規格 Wi-Fi5
最大通信速度 1.3Gbps
バンドタイプ デュアルバンド
電波範囲 4LDK・3階建て
セキュリティ規格 WPA3
アンテナの本数

TP-Link AC1900は、最大1.3Gbpsの速度を誇るルーターです。

Wi-Fi5のルーターであり、WiFi6よりも性能は低めですが、1万円行かないというのが魅力的なポイントです。

また、スマートコネクトと呼ばれる機能がついており、接続しているスマホやパソコンを最適な周波数に割り当てて、快適なインターネット接続を常に可能にします。

メールやネットサーフィンは安定した2.4GHz帯で、映画鑑賞や動画視聴に関しては速度が速い5GHzを使用できます。

TP-Link AX7800

TP-Link AX7800 画像
TP-Link AC1900がおすすめな人
  • 自宅が広い人
  • オンラインゲームをプレイしている人
  • 多くの家電製品をインターネットに接続したい人
項目 詳細
通信規格 Wi-Fi6
最大通信速度 5Gbps
バンドタイプ デュアルバンド
電波範囲 4LDK・3階建て
セキュリティ規格 WPA3
アンテナの本数

TP-Link AX7800は最大で5Gbpsのスピードを誇る高性能メッシュWiFiです。

次々に高性能なメッシュWiFiを開発するTP-Linkらしい製品であり、最高で4804Mbpsを出すことができます。

5GHzの周波数を持つアンテナが2つあるので、比較的安定したインターネット利用を楽しむことが可能です。

設定もDecoアプリに従って進めれば良いだけなので、すぐに利用できます。

メッシュWiFiのおすすめに関するよくある質問

meshwifi-recommended-faq
最後にメッシュWiFiのおすすめに関するよくある質問について解説します。

パソコンに有線接続する方法や

Q.メッシュWiFiをPCに有線接続するとどれくらい速くなるの?

メッシュWiFiをPCに有線接続するとどれくらい速くなるの?

メッシュWiFiをPCに有線接続すると、通信回線のスピードは無線接続時よりも30%以上速くなるという結果が出ました。

有線接続は無線よりも確実にデータを届けることができるので、速くなるのは当然です。

実際私の自宅ではメッシュWiFiではありませんが、ルーターとPCを有線接続させており限界値の75%前後の速度(75Mbps)は常に記録できています。

もしよりスピードを出したいのであれば、メッシュWiFiをPCに有線で繋げるなどの工夫をしてください。

Q.メッシュWiFiの接続方法はどうするの?

メッシュWiFiの接続方法はどうするの?

メッシュWiFiの接続方法は、ソフトバンク光の場合以下の手順で行います。

メッシュWiFiの接続方法
  • STEP1
    1台目のメッシュWiFiルーターと既存のルーターをLANケーブルで接続
  • STEP2
    1台目のメッシュWiFiルーターの電源を入れる
  • STEP3
    2台目のメッシュWiFiルーターの電源を入れる
    コメント3
  • STEP4
    2台ともに緑色灯になれば接続完了
  • STEP5
    2台目の設置場所を決めて設置する
編集長・小室
編集長・小室
他のメーカーのルーターだと設定方法が異なる可能性があるので、ご自分が利用しているメッシュWiFiメーカーの説明の閲覧をおすすめします。

メッシュWiFiのおすすめ まとめ

meshwifi-recommended-summary
メッシュWiFiとは、自宅の中にインターネット回線の電波を張り巡らす仕組みのことで、大きい一軒家やマンションに住んでいる人におすすめです。

メッシュWiFiを利用すると、今まで接続しづらかった子供の部屋でもインターネットが利用できるようになったり、リモートの仕事でも安定してネット接続ができます。

一方で、コストがルーターよりかかる、電気代が上昇するといった欠点があることも覚えてください。

メッシュWiFiを選ぶ際は、コストはもちろんのこと規格が最低でもWiFi5以上、よければ最新規格の6Eや7を購入すると、しばらく交換の必要がないので便利です。

上記のポイントを抑えて、理想のメッシュWiFiを見つけてくださいね!

ABOUT ME
小室 慶介
国立富山大学在学中から大手通信会社販売代理店で営業活動に勤しむ。卒業後営業職を経てWebライターになる。大手通信会社代理店での経験を基に光回線やスマホについて取り扱うメディアである「ダヴィンチ通信」の編集長として活動。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA